ソシャゲきっかけで人妻をゲット【出会い系】

私は一時期、携帯のある有名なソシャゲにハマっていました。
お恥ずかしながらけっこうな課金も。

そして、出会い系サイトには、

「キーワード検索」

というものがあります。

出会い系サイトをやる際、私はこの「キーワード検索」をよく使います。
会話のきっかけにしやすいからです。

例えば「カラオケ」と入力するとカラオケ好きな女性が多く表示されますし、
「食べ歩き」と入力すると、食べ歩きが好きな女性が多く表示されます。

そして、例え興味がない趣味でも会話につなげられるし、会話が弾めば出会える確率も高くなります。
誰だって会うなら趣味や価値観が合う人がいいですからね。

この日私は、出会い系サイトで女性を探しながら、ハマっていた携帯ゲームをしていました。

そのゲームですが、複数人でやればクリアできる確率が上がるのですが、私の周りにはそのゲームをしている人がいませんでした。

そこで、出会い系サイトでセフレを探すついでにゲーム仲間でも探してみるかと思い検索してみることに。

・・・。

以外に多くの女性が該当しました。

その中から私好みの写メを載せている女性3人にメールを送ってみました。

「初めまして、○○ってゆうゲームにはまってるんだけど周りにやってる人いなくて・・・良かったら友達になりませんか?」

数時間後、そのうち1人から返信が。

「友達なりたいです!私も周りに○○やってる人いないので!」

正直この時は下心も多少はありましたが、純粋に同じゲーム仲間ができたことが嬉しかったです。

「返信ありがとうございます、今やってるイベント全然クリアできなくて・・・」

「あー、私もです!」

「今度時間合わせて一緒にプレイしませんか?」

「やりたいです!」

「時間帯は何時頃が都合いいですか?」

「午前中であれば旦那も子供もいないので都合いいです!」

(人妻か・・・)

「わかりました、なら明日10時ころどうですか?」

「大丈夫です!」

「連絡取りやすいようにLINEとか聞いても大丈夫ですか?あ、でも旦那さんいるか」

「みつからなきゃ大丈夫です!」

(みつからなきゃって・・・)

LINE交換することに。

このゲームは彼女もけっこうハマってるようで、LINE交換後、ゲームトークが盛り上がりました。

「キコさんけっこうやりこんでますねw」(彼女の名前です)

「それほどでもないですよw」

「いやいや、キコさんみたいな味方ができてかなり頼もしいです!」

「私もです!」

翌日、約束通り2人で協力しゲームをしました。

「今日はありがとうございました、楽しかったです!」

と送りました。

「私もです!久々に楽しかったです!」

ゲームもですが、私は常に会話の中で出会うきっかけがないかも探しています。
この時は、「久々」というフレーズに私のレーダーが反応しました。

探りを入れます。

「久々って、旦那さんも子供もいるし充実してるじゃないですかw」

「それが、旦那とはあまりうまくいってないんです・・・」
とか返ってきたらいいな、などと思いつつ返信。

返ってきたLINEは、

「それなりにね。セックスとかはもうないけど。」

心の中でガッツポーズ。
ゲーム友達コースからセフレコースへと目標を切り替えます。

「そうなんだ、てかいきなりぶっちゃけるねw」

「だいすけ君話しやすかったから」

ゲームで盛り上がって仲良くなれたおかげです。

「ありがと、キコさんみたいなキレイな人にそう言ってもらえるのは嬉しいよ」

「全然きれいじゃないから」

「そうかなー、俺はキレイだと思うけど。出会い系サイトでも男から連絡けっこう来るんじゃない?」

「連絡は来るかな、でも身体目的ばっかりだからほとんど返事しないよ」

「まぁ男はほとんどそれが目的で登録してるようなもんだから」

「だいすけ君も?」

「否定はしないかな?でもキコさんとはホントにゲームしたかったからだよ」

「ならエッチはしなくていいの?」

(これは誘ってるのか、それとも・・・)
このままゲームだけの関係でもいいですが、キコさん可愛いし、できたらエッチまでいきたいので攻めてみます。

「キコさんとならしたいよ?きれいだし、一緒にゲームしてて楽しいし」

「ありがと、私も楽しいよ」

「今度一緒にご飯でも食べながらゲームしない?」

「したい!」

「なら先にゲームで負けた方が相手の命令を一つ聞くってことでw」

「えぇーw別にいいよ?負けないからw」

数日後、一緒にランチをとることに。

「キコさんですか?」

「はい」

待ち合わせ場所にいたのは、写メよりややふくよかな女性。

デブというわけではないですがちょっと・・・まぁ顔は可愛いのでセーフ!

しかし、正直タイプではないのでガンガン攻めることにします!
嫌われても全然OK!タイプではないので。

私はクズなので女性を外見で判断します。

「普通にランチするとこだと落ち着いてゲームできないから、2人切りでゆっくりできるとこで飯食わない?」

「2人切りでゆっくりできるとこって?」

「ホテルとか?もしくはホテルとか?」

「いや、ホテル行く気満々じゃんw」

「いやいや、ゲームもするから!」

「ゲームもってw」

「じゃあちょっとだけおっぱい触っていい?」

彼女はふくよかですが、おっぱいもかなりの大きさです!

「意味わかんない!」

「お願い!」

「えー」

「なら今ここで一回ゲームしよ?俺が勝ったらさ」

「私が勝ったら?」

「そしたらもっかいゲームする、俺が勝つまで」

「意味わかんない!まぁ別にいいけど」

その場でおっぱいをかけたゲームが。

なんなく私が勝利。

「頂きます」

そう言うと問答無用でおっぱいを触ります。
多少周りに人がいましたが気にしません。揉みしだきます。

「ちょっ・・・後はホテルで」

「後はって?」

「続き・・・」

私より彼女の方がエッチしたいような感じでした。

攻めます。意地悪してみます。

何度も言いますが、別にタイプでないので嫌われてもかまいませんから。

「続きってゲーム?」

「ゲームも」

「ゲームも?後は?言わなきゃしないよ?」

「エッチとか・・・」

「欲求不満なの?」

「少し・・・」

「少しくらいなら我慢できるんじゃない?」

「いや・・・」

「もう濡れてるんじゃない?」

「わかんない」

「わかんないならホテル行って確かめてみないとね」

「うん・・・」

ホテルに行くことに。

「じゃあ濡れてる確認しないとね、ズボン脱いでみて」

「え・・・」

「早く」

彼女はズボンを脱ぎました。

アソコをの部分を確認してみると・・・想像以上に濡れまくり。

「キコさんて淫乱だったんだね?」

「そんなことないよ」

「それとも欲求不満だったのかな?」

「たぶん・・・」

後はひたすら彼女を犯しました。

また言いますが、嫌われてもいいので多少強引なプレイも。

・顔にかけました
・バックで突きながらお尻を叩きました。
・恥ずかしい言葉を言わせながらオナニーさせました。
・パンツを顔にかぶせ、腕を拘束し騎乗位で犯しました。動画も撮りました。

合計3発。
時間は午後一時過ぎ。

「そろそろ子ども迎えに行かないと」

「ゲームはいいの?」

「時間ないからまた今度」

「今度もゲームする時間ないかもよ?」

「いいよ」

「なら明日も犯してあげようか?」

「・・・うん」

この日から彼女はセフレ・・・いや、肉便器になりました。

仕事の合間に抜け出してフェラさせて帰したことも。

このように、欲求不満な人妻は肉便器になりやすいです。
ただし見つかったときはそれなりのリスクはありますが・・・。

しかし、リスクはありますが、「肉便器」、欲しくないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です