ワクワクメールでセフレは作れる!そのコツや攻略方法を伝授

援助交際や業者が多いワクワクメールでは、お金さえ払えば簡単にセックスできます。

 

一方、タダでセックスできる関係、つまりセフレを作るにはコツが要ります。

 

この記事ではそんなセフレ作りのコツや攻略方法を紹介するので、ぜひ活用してください。

 

これを知っておけば知り合った女性をセフレ化できる確率がグンと上がりますよ。

セフレ作りの基本は業者を見抜くこと

 

ワクワクメールに登録している女性の大半はデリヘル業者によるなりすましです。

 

だからこそお金次第で簡単にセックスできるわけですが、デリヘル嬢にとってはセックス=お金です。

 

そんなプロを相手にいくら口説いても、なかなかセフレ化できません。

 

なので、デリヘ業者以外の女性にアプローチすることが先決です。

業者を見分ける方法

 

ワクワクメールにいる業者には、以下のような特徴があります。

 

  • 掲示板への投稿履歴が多い
  • 容姿が良い
  • 自己紹介やメッセージにアダルト性がある

 

セフレ作りに業者は不要ですから、上記に該当する女性は徹底的に除外してくだい。

 

もっとも、よく調べてみるとほとんどの女性が上記に当てはまります。(つまり、それだけ業者が多いのです)

 

逆にいえば、業者を除外することでかなりターゲットを絞り込めますから、セフレ候補探しの第一歩としてはとても有効ですよ。

セフレ化できる女性とは?

 

 

業者を除外できたとしても、残った女性すべてがセフレ化できるわけではありません。

 

セフレ化しやすい人としにくい人がいます。

 

以下にそれぞれの特徴をまとめたので、ターゲットの選別に役立ててください。

セフレ化しやすい女性

 

セフレ化しやすいのは、「出会いは欲しいけどなかなかモテない」という女性です。

 

具体的には、

 

  • 既婚女性
  • 30歳以上の女性
  • 容姿が平均以下の女性

 

の3パターンです。

 

20代前半の独身女性が多いワクワクメールにおいて、上記のような女性は比較的余りがちです。

 

また、現実社会においてもモテるとは言い難いでしょう。

 

彼女達は出会いそのものに飢えており、なおかつ口説かれることに慣れていないので、比較的簡単に落とせます。

 

セックスした後は「私にはこの男性しかいない」と思いこむ傾向があるので、少々冷たくしてもズルズルと関係が続きます

 

つまりセフレとしては鉄板のターゲットなのです。

セフレ化しにくい女性

 

セフレ化しにくいのは以下の女性です。

 

  • 個人で援助交際している女性
  • メル友募集の女性

 

ワクワクメールには個人で援助交際(売春)している女性も大勢います。

 

業者ほどではありませんが、やはりセックス=お金と考えているのでセフレ化は困難です。

 

よほどのイケメンなら話は別ですが、そうじゃなければ手を出すべきではありません。

 

また、メル友募集の女性もターゲットから外すべきです。

 

メル友募集は実際に会うことを前提にしていません。

 

それゆえにキャッシュバッカーやネカマ、勧誘目的の業者などの悪質な会員も大勢います。

 

悪質な会員を事前に見抜くことは困難なので、最初からメル友募集には手を出さない方が無難ですよ。

セフレ化するまでの段取り

 

 

ターゲットにすべき女性はご説明した通りです。

 

そこでここからはセフレ化するまでの流れをご説明します。

段取り1.セフレ候補探しはプロフィール検索で

 

セフレ候補探しにはプロフィール検索が効果的です。

 

プロフィール検索であれば検索条件を設定できますから、前述の「業者の特徴」を除外するのは簡単です。

 

また、自分の好みを設定することもできます。(あまり細かく設定すると該当する女性が少なくなります)

 

プロフィールの閲覧は無料(写真の閲覧は2P)ですので、業者を見分けつつじっくりとセフレ候補を探してください。

段取り2.メッセージは紳士的に

 

メッセージのやり取りでは誠実で紳士的な男性を演出してください。

 

相手は素人女性ですので、いくらワクワクメールに登録しているとはいえ、露骨にセフレ関係を持ち掛けてはいけません。

 

そのため、下心丸わかりの内容やすぐに連絡を聞くのはNGです。

 

女性が書いてきた内容に対して「僕もそう思います」と同意しつつ、次の話題を疑問形で提供するのが基本です。

 

これを繰り返していけば、「この男性とは価値観が同じだ」と思ってくれるので、いざという時に口説きやすくなります。

段取り3.初デートではあえて手を出さない

 

やり取りが順調にいけば、7日~10日で初デートできます。

 

男性側としては初デートで即セックスというのが理想的な流れではありますが…

 

実際には失敗することの方がはるかに多く、フラれる原因となります。

 

それよりは、やり取りで築いてきた紳士的なイメージを踏襲し、あえて手を出さないことをおすすめします。

 

デートは昼間のカフェで行い、夕食前に解散してください。

 

これで女性の警戒心が薄れるので、2回目以降は夜デートに誘いやすくなります。

 

また、初デート後も熱心にやり取りを続けるのがコツです。

 

すると女性は、

 

「いっぱりやり取りしたし、今日は2回目のデートだから告白されるかも」

 

と期待してやってくるので、スムーズにセックスまで持っていけます。

段取り4.セックス後は付かず離れずの距離を保つ

 

セフレ化するには、セックス後の距離感が肝心です。

 

女性側は彼女になりたがりますから、距離感が近すぎてはいけません。

 

かといって距離感が離れすぎると、「私のこと好きじゃないんでしょ?」と別れを切り出されます。

 

セフレ関係ではこの距離感の調節が非常に難しいのですが、上達するには経験を積むしかありません。

 

あえていうなら、やり取りは徐々に間隔をあけていき最終的には1日1往復程度、会う回数は月に1~2回程度にするのが目安です。

 

相手の心理を推測しつつ、長期のセフレ化にむけて上手に距離感を調整してください。

まとめ

 

 

この記事ではワクワクメールでのセフレの作り方をご紹介しました。

 

業者が多いワクワクメールですが、じっくりと探せばセフレ候補は必ず見つかります。

 

紳士的な態度で口説き、セックス後は適度な距離感を保つ

 

これができればセフレ関係が長期間継続しますから、ぜひ実践してくだい。

 

 

【ワクワクメール】詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です