上京すると寂しいからこそ恋人欲しいと誰でも思う?出会い系サイトなら気軽に探せる

地方から上京した人にとって、寂しいと感じる気持ちはホームシックと呼ばれる心理学的に分析されているごく自然な感情です。

 

すぐに故郷へ帰るわけには行かないからこそ、心通わせることができる恋人欲しいと考えても不思議ではありません。

 

しかし、上京したての男性にとって見ず知らずの女性へ声を掛けることは至難の業です。

 

では、どのような方法で寂しいと思う気持ちを忘れさせてくれるほど素敵な恋人を作れば良いのでしょうか。
【登録無料】おススメ出会い系はこちら

上京して寂しいと感じるのは落ち着いた証拠でもある

進学や就職に伴い上京すると、多くは人口が少ない地域から大都市へと移り住みます。

 

今まで実家暮らしだった場合には、衣食住を両親が面倒を見てくれたという状態だからこそ、全てを1人でこなさなければならないことに対して上京したては余裕がないはずです。

 

そして、日々の生活に慣れたタイミングで、ふと寂しいと感じる状況となります。

 

そして、恋人欲しいと思うほど寂しさが増す時期は、学生と社会人では違いが出やすいです。

学生が寂しいと感じるのは夜独りになった時

学生が寂しいと感じるのは、夜独りになった時に実家ならば感じる人の気配が無いと思った時です。

 

実家にいる時には鬱陶しいと思っていた近所や家族の目であっても、東京都を始めとする大都会では人口が多くても他者に関心がありません。

 

満員電車で身体を密着させても違和感なく乗車できることは、赤の他人で無関心だからこそ気にならないわけです。

 

ふと寂しいと感じるタイミングが夜独りになっていると思った時になることは、学生が初めて実家から離れて独り暮らしを始めたことが影響しています。

 

このため、恋人欲しいと自然に思うことは、人肌の温もりを感じられる癒やしを求めている状態です。

社会人が寂しいと感じるのは仕事に慣れた時期

社会人として就職のために上京した人が寂しいと感じるのは、実家を離れたことだけでなく1人だけで生きて行かなければならない覚悟を実感した時です。

 

新入社員研修を終えて実務研修を実施し、配属先が決まって一段落した時に寂しさが急に襲ってきます。

 

そして、社会人としての未来を考える余裕が出てきた時に、恋人欲しいと思うわけです。

 

社会人が寂しいと感じて恋人欲しいと思うタイミングは、職種や配属先だけでなく本人の性格にもよるので、早ければ数ヶ月ですが遅いと1年後という例もあります。

 

基本的に仕事に慣れて今現在だけでなく将来のことを考えられる余裕が出てきた時に、寂しいという思いが呼び起こされます。

自分に余裕が出て冷静になれるタイミングで寂しいと思う

単純に寂しいと思うだけのホームシックは、人により全く感じない人もいるくらいです。

 

しかし、日常生活に慣れて自分で余裕が出てきたと思う時期に寂しいと思う感情は、未来のことを考えた時に出てきます。

 

このため、恋人探しを本格的に行うならば、同じように上京して寂しいと感じている相手を狙ってみると意気投合しやすいです。

上京後に恋人欲しいと思ったらまずは冷静に状況を分析しよう

上京後に恋人が欲しいと思ったとしても、いきなり行動せずに一度冷静になって自分が置かれている上京を分析してみると失敗しません。

 

なぜなら、どのような恋人が欲しいのか把握した上で、自分と釣り合うのか一度考えておく必要があるからです。

 

大学生が社会人OLと付き合いたいと考えたり、社会人男性が女子大学生と付き合いたいと考えたりするよりも、大学生同士や社会人同士の方が遥かに恋人となれる可能性があります。

 

どのような女性にアプローチすれば、恋人欲しいという考えを実現させることができるのか、ある程度戦略を練るとアプローチしやすいです。

 

また、東京都へ上京しているならば、数多くの出会い系サイトへ登録して新たな出会いを探している女性が多い事実を知っておくと参考になります。

恋人候補となる女性が周囲に少ないことをまず確認しよう

上京理由は人それぞれですが、大学生ならば同じ学部やゼミ・サークル活動を通じて恋人候補がいるのか探ってみる必要があります。

 

一方、社会人ならば社内恋愛禁止規定が無い限りは、同僚が既に誰にアプローチして結果がどうなっているのかリサーチしてみる方法が有効です。

 

そして、恋人候補となる女性が自分の周囲に少ないことを確認できたら、次に出会い系で目当ての女性を探すことになります。

 

なぜなら、既に身近な所で理想の彼女がいるならば、すぐにアプローチして寂しい思いから解放されるからです。

どのような恋人欲しいのか理想を挙げてみる

どのような恋人欲しいのかある程度理想が決まっているならば、実際に恋人候補探しとして出会い系サイトを使って探してみると良いでしょう。

 

理想にピッタリの女性がいるとは限らないことから、現実的に恋人になってくれそうな女性を探してアプローチしてみる必要があります。

 

2次元世界とは異なり現実世界の恋人は、互いに好意を寄せ合う必要があるので、具体的に恋人とどのようなデートや日常を送りたいのか考えてみなければなりません。

 

あまりにも価値観が違いすぎる女性へアプローチしても、待ち合わせ約束すら成功しません。

 

そこで、恋人にしたい女性のタイプをじっくり考えてから、デートプランまで含めて考えてみましょう。

自分が相手にしてもらえそうな恋人候補を考えてみよう

出会い系サイトを使ってプロフィール検索をしてみると、恋人になってもらいたいと考える女性候補が数多く出てきます。

 

東京都を中心とした首都圏は、出会い系サイト登録者数が多いので、社会人から学生に至るまで数多くの女性が新たな出会いを求めて新規登録している状態です。

 

アプローチした結果として返信が届かなかったり断られたりしても、登録人数が多ければいくらでもアプローチ対象の女性が尽きることはありません。

出会い系サイトを使えば上京して寂しい人同士も知り合える

出会い系サイトを使って寂しい状態を打破するためには、どのような恋人欲しいのか具体的な希望を優先順位付けした上で探してみましょう。

 

地方在住時とは異なり、東京都を中心とした首都圏ならば、地方からの上京者が多いために寂しい人同士が意気投合することが珍しくありません。

恋人欲しいと思う人が出会い系サイトを使う方法

恋人欲しいと考えながら出会い系サイトを使う際には、基本的なポイントとして以下の4つを意識すると成功しやすいです。

 

①自己プロフィールをしっかり記入して女性から好感をもってもらう
②アプローチメールは女性のプロフィールをしっかり読んだ上で一部に触れて送る
③ある程度仲良くなってから連絡先交換を打診する
④プロフィール写真は上半身を他撮りして写真加工は避ける

 

出会い系サイトを使ったアプローチは、若い女性会員ほど毎日メールを多数受け取っているので、返信率が3割あれば十分な成果があると考えられます。

 

実際には2割程度しかアプローチメールが返って来ない状態が当たり前だからこそ、思わず返信したくなるプロフィールを用意しておきましょう。

 

そして、紳士的でマナー良く応対できれば、連絡先交換程度までは進みやすいです。

プロフィール検索からアプローチしてみる

出会い系サイトのプロフィール検索からアプローチする際には、なるべく女性のプロフィールに触れた話題を提示するように心がけましょう。

 

プロフィールを読んでアプローチメールを出しているのかすぐに分かるので、返信率に違いが出やすいです。

 

そして、同郷出身者や近隣県出身者ならば、故郷に触れてあげると反応が良くなります。

 

また、地方出身者にありがちな訛りがある場合には、互いに気がついたら教え合うように提案してみると友達からのスタートをしやすいです。

 

プロフィール検索を行う際には、好みの女性タイプを検索しつつ待ち合わせしたらすぐにでも会えそうな地域に限定してアプローチすると即アポ狙いも行えます。

 

鉄道路線が発達している東京都ならば、路線が近いほど住んでいる地域が近くなるので、主な活動地域が分かっている女性ほど狙い目です。

 

例えば、墨田区や江東区といった下町エリアに住んでいる女性と世田谷区や目黒区といった高級住宅街に住んでいる女性では、趣味や性格だけでなく勤務先エリアや年収にも違いが出てきます。

 

最初からアプローチ結果として恋人候補になってもらえそうな女性のみを狙い撃ちすれば、上京してから恋人欲しいという気持ちを早期に満たすことができるはずです。

故郷が近い女性を狙うと意気投合しやすい

故郷が近い女性を狙うと意気投合しやすいことは、帰省時期が近づいた時に途中まで一緒に帰るつもりで待ち合わせ約束をしてみると会ってもらいやすくなります。

 

東京への上京者ならば、帰省時に互いの分岐点となる路線駅で待ち合わせといった方法も有効です。ポイントとなるのは、出会い系サイトを使ったアプローチでは、共通点や意気投合しやすいことを見つけられたら距離感を詰めることができる点を意識することです。

 

地方から上京して生活している者同士、寂しいと思った時に故郷を思い出して話ができる間柄ならば、恋人候補として一歩前進しやすくなるでしょう。

上京して寂しいと感じたら出会い系サイトで恋人探しをしてみよう

上京して寂しいと感じることがあれば、東京都のように全国各地から上京している人が多い大都市ほど出会い系サイトを使った出会いが適しています。

 

なぜなら、近くに住んでいながら故郷が近い人同士ならば、親近感が湧いて寂しいという気持ちを忘れることができるからです。

 

そして、仲良くなった時点で肩の力を抜いて付き合える相手と分かったら、恋人になって欲しいという実感が湧きます。

 

友達作りから始めて恋人候補を増やせば、上京して素敵な恋人と巡り合うことができるでしょう。
【登録無料】おススメ出会い系はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です