大学生で彼女いないのはコロナのせい?出会いのカタチが変わった

新型コロナウィルスによる影響は、大学生にとって大学が休校するだけでなくサークル活動まで自粛を余儀なくされる自体に発展しています。

 

オンライン授業が開講されて、同学年の友人が全くいないという大学生が少なくありません。

 

そして、大学生にとって生涯の友人作りだけでなく恋人作りまで厳しくなっている現状は、彼女いないと一人寂しく過ごす大学生が増えていることを意味します。

 

しかし、大学生の中にはコロナ禍であっても彼女と楽しく過ごしている男性がいることは確かです。

 

つまり、彼女いないと嘆く前に出会いのカタチそのものが変わっている点に早く気づいた人ほど、アプローチ方法を変えて素敵な彼女を手にしている現実があるわけです。

 

では、コロナ禍で大学生の出会いはどのような変化が起きているのでしょうか。
【登録無料】おススメ出会い系はこちら

大学生ならではの合コンを中心とした直接出会う機会がコロナで減少

大学生は4月に新年度が始まるという点で共通していますが、基本的に3つの柱で生活が成り立っています。

①大学で講義を受ける
②サークル活動で交流を深める
③アルバイトで遊ぶ資金稼ぎ

上記の全てがコロナ禍で大きな影響を受けたことにより、一般的な大学生が当たり前に行ってきた1年の活動サイクルが崩れている状況です。

 

中でも恋人探しに欠かせないサークル活動とアルバイト先での出会いという2つのチャンスが潰れてしまったことにより、彼女いないという大学生の悩みと繋がってしまうわけです。

サークル活動の減少で合コン自体が消えた

毎年4月に行われる新入生歓迎コンパは、サークル活動を行う際に上級生との繋がりを持つために必要なこととして大学生に欠かせないものとなっていました。

 

しかし、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、大学構内が立ち入り禁止となってオンライン授業が準備されることになったことで、当然のようにサークル活動の部室も使用許可が出ません。

 

新1年生にとっては、サークル加入が困難になったことにより出会いのチャンスが失われた形となります。

 

そもそも恋人作りは必ずしも同学年で行われるとは限らないので、上級生にとっても新1年生がサークル加入しづらい状況は計算外です。このため、大学生全体で彼女いないと嘆く男性が増えてしまう原因となりました。

オンラインでの合コンではお持ち帰りが難しい

サークル活動が自粛対象となると、合コンへの傘下も自粛傾向が強まり、結果的に合コンの回数が激減する状況となりました。

 

今までは大学生の多くが合コンで意気投合した結果として、お持ち帰りから交際に発展するケースが少なくない状況です。

 

しかし、合コンそのものが激減したことで寄ったことによるお持ち帰りという暗黙の了解で一夜を過ごすパターンが無くなったことは、結果的に彼女いない大学生を増やす結果に繋がっています。

合コンをきっかけとする恋人作りは、大学生ならではの軽い付き合いから始まるので、結果的に交際期間が短くなる傾向が強いです。

 

数ヶ月で出会いと別れを繰り返しつつ大学生生活を続ける中で、彼女いない期間をなるべく少なくしつつ異性との付き合い方を学びます。

 

しかし、オンラインでの合コンでは女性にお酒を飲ませてほろ酔い気分にさせることが難しいので、常に女性が冷静に相手男性を見定めてしまうわけです。

彼女いない大学生ほどオンラインでの出会いに挑戦していない現状

実際に彼女いないと嘆く大学生ほど、サークル活動や合コンの数が少ない現状に対して対策を取っていません。

 

オンラインでの出会いを積極的に探すことをしないまま、彼女いないと考えても出会いのチャンス作りをしない限りは機会が増えないことは明らかです。

 

彼女を作って素敵な恋人関係を築く大学生ほど、コロナ禍に合わせたオンラインでの出会いを積極的に行っています。

大学生は出会い系を使った出会いのチャンスがむしろ増加している

近年減少していた大学生のパソコン保有率は、コロナ禍による影響からオンライン授業が増えたことにより高まっています。

 

実際に大学生向けのパソコンは売り切れが続出した結果として、2020年夏モデルは発売からすぐに売れ行きが良く値下がりしづらい状況が続きました。

 

そして、大学生はインターネット回線とwebカメラ付きパソコンを使ったオンラインデートを活用しやすい環境になったからこそ出会い系サイトを使ったアプローチに挑戦している人が増えています。

彼女いない大学生に共通する特徴とは

彼女いないと悩む大学生には、恋人との楽しいデートを満喫している大学生にはない共通点があります。

・直接会うタイプの合コンやコンパが減っても代替手段を用意していない
・出会い系サイトを使ってアプローチしていない
・スマートフォンアプリやwebカメラを使った双方向通信機能の活用が不十分
・自室の整理整頓がしっかり行えていない

従来型の外で出会ってお持ち帰りという流れでは、お酒の力を借りたアプローチがあったために本人の性格は重視されていませんでした。

 

しかし、オンラインデートが増えた恋人作りでは、恋人探しをじっくり行う傾向があります。

既にビデオチャットを使ったリモートデートが盛んに行われている

積極的に恋人探しを行っている大学生は、ビデオチャットや各種SNSツールを使用したリモートデートを積極的に行っています。

 

緊急事態宣言が発出されている期間は、飲食店の営業時間短縮が行われていて、手軽にデートできる環境が少ない状況が続いていました。

 

出会い系サイトや各種マッチングアプリで知り合った女性とメッセージ交換だけではなく、積極的にリモートデートを楽しめる男性ほど彼女を楽しませることができます。

外見よりも中身重視で恋人を探す傾向が強くなっている

コロナ禍で大学生の恋人探しで大きな変化が訪れたポイントとして、オンラインデートが増えたことにより女性が恋人を選ぶ際の基準に変化が訪れています。

 

彼女いないと嘆く大学生ほど外見は磨いても内面の成長が乏しく、薄っぺらい男性と女性から見られてしまうと恋人候補となれません。

 

実際に付き合い始める前の時点で恋人選びを中身重視でじっくり行う傾向が強まっています。

 

このため、ビデオチャットやSNSアプリを使ったテレビ電話状態で繋がった時に、互いの自宅の様子まで女性からチェックされやすいです。

 

つまり、オシャレな服装や髪型をしても私生活がルーズならば、恋人としての高い評価は得られません。

出会い系を使ってアプローチする方法が大学生に向いている

サークル活動や合コンが自粛となっても、出会い系サイトを使えば恋人選びを積極的に行うことができます。なぜなら、大学生の大半はスマートフォンやタブレットPCだけでなく、レポート作成やオンライン授業を受けるためにパソコンを所有しているからです。

 

ITリテラシーが高い人の割合が多いならば、合コンを出会い系サイトでの出会いに置き換えれば良いだけです。

彼女いないなら最初のアプローチを出会い系で始めてみよう

大学生活に慣れて彼女いないと寂しい状況ならば、同様に女性も恋人が欲しいと考えている可能性が高いです。大学生の多くが実家暮らしまたは上京してワンルームで生活しているので、誰とも交流しない状態にストレスを感じています。

 

そこで、彼女いないならば自宅に居ながらにして声掛けすればチャンスがあると考えれば良いわけです。

 

出会い系サイトには数多くの種類があり、恋人探しに適したタイプの所があるので、実際に登録して気になる女性へアプローチしてみましょう。

大学生なら合コンの代わりに出会い系サイトでチャンスを広げてみよう

合コンや大学のサークルコンパは、恋人探しを真剣に行っている人よりも遊び感覚で参加する大学生が少なくありません。

 

大学生の時に知り合った彼女とそのまま結婚する割合はさほど高いとは限らず、最初から真剣交際を行っているか運命の相手に出会ってしまった場合に限られます。

 

出会い系サイトを使った恋人探しは、同時に複数の女性に対してアプローチできるので、最初はバーチャルデートから始めることも可能です。

 

彼女いないけれども出会い系サイトで先にセフレができてしまったという例も大学生なら珍しくありません。

互いの私生活を晒して付き合えば恋人関係が長続きする

社会人とは異なり大学生の恋人探しは、遊び感覚で多くの女性との付き合いを狙う人が多いです。

 

なぜなら、多くの大学生が恋人に対して結婚相手を意識する状況にはなく、少なくとも就職先が決まってからの話となるからです。

 

自ら稼ぎ始めていない状況では、遊びと日常生活に人肌のぬくもりを与えてくれる相手として恋人を求めているので、気軽な付き合いから始められる出会い系サイトで恋人探しを行う方法が適しています。

 

コロナ禍では実際に会う回数が少ないからこそ、互いの私生活を晒して気が合う相手を恋人にしたいという考え方が一般的です。

 

このため、出会い系サイトで知り合った彼女との交際期間は、合コンやサークルコンパよりも長続きする傾向があります。

お試しの付き合いを出会い系サイトで探して本気の恋を見つけてみよう

大学生として4年間過ごす間には、様々な出会いを通じて本気の恋を見つけてみるとその後の人生に役立つはずです。

 

何度でも失敗を繰り返せる大学生の期間だからこそ、お試しの付き合いを繰り返す手段として出会い系サイトを積極的に活用してみましょう。

 

恋人いないと悩む暇がなくなるほど、数多くの女性と喜怒哀楽を共にできれば、女性が使う本音と建前を見抜く力がつきます。

 

真剣交際から遊びの関係までを同時並行で探せるツールとして、出会い系サイトを活用すれば大学生の間にしかできない貴重な経験ができるはずです。

彼女いない大学生活はコロナ禍だからこそ工夫して乗り切ろう

すぐには終息しないコロナ禍では、彼女いないまま大学生活を続けると気が滅入りがちになります。

 

サークル活動や合コン自粛だからこそ、出会いのチャンスはオンラインに活路を見出して出会い系サイトに求めてみましょう。

 

なぜなら、男女共に大学生活に寂しさを感じている人が多く、見た目よりも内面重視で付き合いたいと考えている女性が増えているからです。

 

今まではイケメン以外はチャンスが少なかった合コンではなく、内面と性格を見てくれる出会い系サイトを利用した付き合いならば、長続きする恋人探しに繋がりやすいです。
【登録無料】おススメ出会い系はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です